梅原淳の心*體みなぎるエッセイ/Playground Heroes

運動の専門家が子どもたちの成長をスポーツ*子育て*教育など、あらゆる視点から応援します

得意を伸ばすのは成長の本質とは言えません。そこを見ている人は大概がおごって伸びないのが現実です。

おごる、自惚れる、過信する、人が失敗するときの大抵の元凶です。 どんな人も、自分の意思の弱いところと勝負し、そこを鍛え上げて逞しくなります。 強さはただ一つ、そこから作られます。 なかには得意を伸ばすと言う人もいて、もちろんプラスが増えること…

食の論争はほとんど不毛で内容も眉唾なことが大概です

食の議論をすれば、ホントかウソかあれが良い悪いと無限にいろんな話が出てきます。 僕は興味があって深めたいと個人的に思ったので自ら実践してきましたが、それでなにを得ているかというと、自分なりの食生活をどうするかのプランが出来上がるというだけで…

食育なるものを現実的に考えてみる

食育ってどなたが名付けたのか、一般に馴染みやすい言葉ですよね。 僕はこういうキャッチ・フレーズ的なものは一人歩きするので反対する部分も多いですが、まず広く国民の生活に普及されるという面では良い方法だと思っています。 ようは現代のなんでも自由で…

父にとって息子も娘も変わらずフェアに付き合いたいと思っています

長女が生まれて、来週で生後2ヶ月です。 うちは男と女が一人ずつ、一人目が男子、今年の4月に誕生したのが女子です。 ある人には「うまいことやったな」と言われ、またある人には男女一人ずつ生まれたので「(男女どちらもいて)良いですね」と言われました…

感覚の違う人と話し合っても先は生まれない

話し合いというものは大抵がうまくいきません。 人間それぞれ価値観が違うからです。 自分の側からすると、「どうしてあんなこと言えちゃうの?平気でできちゃうの?」て思うことがあると思います。 お互いにそう思っています。 たぶん正解とするところはあ…

仕事のできる人ってどんなひと?

言われていない仕事をしよう。 誰のため、組織ための仕事じゃない。上司のためでも取締役たちのためでもない。 もちろん自分のためなどでは、断じてない。 自分や身内の利する事をするんじゃなく、みんなのために、社会のため世のため未来のために、仕事をし…

やっぱり心も体も漲っている人と、一緒に考え進んでいきたい

前回のエントリーでも触れましたが、なにかをするためには自分だけの力ではできません。 どんな人でも、本当は自分だけの力で歩んでいるのではなく、同じ方向を向いている仲間がいます。 それはドラクエやワンピースみたいにパーティとなって行動を共にして…