梅原淳の心*體みなぎるエッセイ/Playground Heroes

運動の専門家が子どもたちの成長をスポーツ*子育て*教育など、あらゆる視点から応援します

類で友を呼べ

 もしあなたがこうなりたい(したい)と思うことを持っていて、それをどうしても実現したいのならば、それと同じような考えを持つ人と付き合うべきだ。

 深く思考したいのならば深く思考する人と、こだわりたいならこだわる人と、アクティブに沢山の世界を見たいなら、そういう人と仲間になること。

 志が一緒の「同志」で周りを固めることが、あなたにとって有意義な人生に繋がる。それは同時に、自分にとってマイナスを持っている人から離れるということでもある。人生には決別も必要な選択だ。

 自分と反対側にいる人は、そのエネルギーをこちらに向けて広げようとしてくる。「そんなものはこうなんだ」「お前は間違っているんだ」と。キミの頑張りを妨げようとしてくるだろう。知識が乏しい人、考えが浅い人ほどそうだ。

 そんな人間とムキになって討論したりして、説得しようなどと絶対してはいけない。キミの貴重な時間を浪費するだけだ。その人はその考えで良いと思っているのだろうから、好きにさせてあげたらいい。キミの考えが受け入れてもらえないことも、それでいい。

 そういう人間は相手にしないで、ただ離れればいいのだ。同じ方向を見て、互いに目標や考え方を刺激し合える仲間を集めよう。

 付き合う人間そして生きていく環境は、よく選んだほうがいい。