梅原淳の心*體みなぎるエッセイ/Playground Heroes

運動の専門家が子どもたちの成長をスポーツ*子育て*教育など、あらゆる視点から応援します

一本の電話

 ある日の練習、できるものをできないと偽って、鍛練を休む選手が数名いました。

 10代の選手が3,4名、捻挫など脚の痛みを理由に練習を見学。しかしそれがなんと嘘だったのです。

 誰かということは、決して教えられません。

 もちろん何処のチームとか何の競技であるかなども、個の特定に繋がることはいずれも言えません。

 ただ、その場に居合わせていた私が見たままの様子や、感じたことは教えることができますので、一例として皆さんにお伝えしたいと思います。

 その日は私がトレーニング講習をおこなっていました。

 数日前に脚を痛めたという選手が数名いて、練習ができないのでコートの外で雑用をしていました。

 一日目の練習が終わった夜、治療院から監督に電話がありました。

 おそらく整骨院だと思われますが、選手がケガをするといつもそこへ送り、施術をしてもらっているそうです。

 チーム全体でお世話になっている治療院です。

 その治療院の先生から、脚の具合は練習を休むほどのものではない、と通告を受けたのでした。

 翌日、監督の怒りが爆発しました。

 できるのにしない、治療院からもゴーサインが出ているのに、それを無いものとしているのです。

 にょきっとツノが生えて当然です。

 朝のトレーニング開始から、しばらくの間説教されていたでしょうか。

 4名のうち2名が突如、コートで練習していた選手に交じってスクワットなどをし始めました。

 私のところに「練習入ってもいいか?」と来たので、「どうぞ」と。

 拒否する理由などありません。

 彼らは、そこからすべて皆と同じようにトレーニングしていきました。

 何も滞りなく。

 5往復ダッシュとかシャトルランなどのときにも、まったく不都合を感じさせない動きで、平然とやってのけます。

 キックターンの切り返しもばっちり。

 私も思わずズッコケました。まるでケガを感じさせません。

 つまり痛みもほとんど無いということでしょう。

 顔を歪ませるような様子も、まるで見られませんでした。

 治療院の先生が仰っていたとおり、いやそれ以上に、安静にする理由など何もないのでした。

 体も大きくなった若者が、練習を休むために “できない” 理由を作る、いや練習を “しなくて済む” 理由を作るとは、なんとも情けない話ですが、現実に起きた出来事です。

 結託してなんて、まさかそんなこと有るわけないですが、2名が同様にケガを理由にして練習から外れていました。

 2人とも入った矢先から完ぺきなパフォーマンス....

 とても笑えませんね。

 しかもそのような選手が、今後ゲームではコートに立つ者だったりするわけです。

 皆さんの周囲では、このようなことが勿論無いだろうと信じたいですが、正直稀なことでも無いような気もします。

 今回の場合は、気遣いある治療院の先生が症状を報告してくれたので、残念ですがサボりも見つけることができました。

 このようにチームと連携していく病院・治療院・保護者会など、双方向の連絡は重要です。

 ですがほとんどは、外から目を掛けていただける事はありません。

 大抵は来た患者に、診断結果を簡単に教えて終わりです。

 余分に気を回してくれることはありません。

 そんな中でわずかでも連携していける環境を作れたらと、私も不肖ながら感じました。

 ケガにまつわるこの見えざる人間の陰は、皆さまのいる場所でも生まれているかもしれません。

 無論、これがまかり通っているような環境は、決して良い方向へは進みません。

 少しずつ一歩ずつ、チームのテコ入れが進んでいきます。