梅原淳の心*體みなぎるエッセイ/Playground Heroes

運動の専門家が子どもたちの成長をスポーツ*子育て*教育など、あらゆる視点から応援します

肉体のビルディングは技能習得と発達に繋がるものではない

 運動することとは関係のない筋肉をつけている人はいませんか。

 あなたが野球という競技を上達させたいならばそれが叶う筋肉を、あなたがバスケットボール選手ならば、その競技力を上げるための筋肉をつける必要があります。

 もちろんサッカーの筋肉とか野球の筋肉、水泳の筋肉などというものは存在しません。人間の身体は一つです。皆誰しも同じ構造をしています。

 そういう意味ではなくて、目的から外れていませんかということです。本来の目的とは全く関係のない無意味なトレーニングをして失敗している人を、少なからず見てきました。今でもいます。プロや大学でも、たくさんいます。体格とパフォーマンスをひとつのテーブルにのせて見れば、それは一目瞭然です。

 例えばウエイト・トレーニングをして、ただ重量物をどれだけ挙げられるか、何回、何kg、何セットやれるか。そればかりになる。そうすると筋肉は肥大してきますから、これをバルクアップと言いますが、バルクアップすると見かけが逞しく格好良くもなります。見た目が良いので気持ちが上がり、どんどんやる。

 そのうち、いつの間にか身体のボリューム作りが目的になって、より一層そのためのメニューになってしまいます。もしくは、初めからバルクアップのためや、重量をどれだけ挙げるかのチャレンジが目的のトレーニングをしている人も、きっといると思います。

 何が本来の目的や動機だったのか、一度整理することが必要だと思います。「基礎技術」と「身体づくり」が別個のものとして存在していることは、まったくの的外れです。

 この二つは同じものです。プレイスキルを伸ばす、できない動きをできるようにすることが、競技成績に結びつく道筋ですし、そのために有効な身体づくりをするわけです。技と身体は一体のものです。

 何kgを何回挙げる、体つきがボディビルダーのようになる、それはあなたの競技には繋がらないズレた焦点です。目的に叶っていないトレーニングをして、いい気になっていてはいけません。

 ただの「筋肉の大きさ作り」は、あなたの「身体技能づくり」にはなっていません。筋肉が肥大したからと言って運動における能力が伸びるわけではない、ということをよく理解しましょう。

 身体を流れる力・エネルギーを上手く運ぶ、それが運動の本質です。どんな能力も最後はすべて“技”に繋がっていくものです。ぜひ正確な肉体づくりを。