梅原淳の心*體みなぎるエッセイ/Playground Heroes

運動の専門家が子どもたちの成長をスポーツ*子育て*教育など、あらゆる視点から応援します

コート復帰よりもトレーニング復帰が先だ

 ケガをしている選手がいて、急性期は安静、治療、さらにリハビリなどの場合もあり、だから体力強化のトレーニングができないと言ってきます。ありがちな話だと思います。

 でもその回復期間の後、完治ではないが痛みが無くなってきたりすると、すっとコートに入ったりするんですね。しかしそれも全力ではなく、できる範囲とか言いつつ、軽く走るメニューはやり、難易度が高くなってくると練習を抜けて、とやる。

 トレーニングはしないが練習は完治前だけどやる。僕はこれ、逆だと思うんです。

 最短で患部を治し、まず二度と起こらないようしっかりと身体を鍛え、体力を戻し、万全にしてそれから最後にコートへ復帰が本来辿るルートです。

 しかし大半はケガの回復もそこそこに練習に入る。強度が上がれば外れたり、または痛みが出たら再度休み、そうやって中途半端にぐずぐずとやって、あげくいつまでも、患部が痛いのでトレーニングはできないなどと言うのです。

 大きな誤りです。もう正直言ったら大罪ものです。コート復帰が先ではないでしょう。トレーニング復帰が先です。身体の調整がまず第一です。

 安静にしていた分の遅れ(というよりも正確には体力低下)をしっかりと体力づくりで取り戻すこと、次またケガを再発しない作り上げをして、ばっちり元どおり商売道具を揃えてからコートに入るのが、賢明な道筋です。

 それを逆さまにしてはいけません。本来なら、五体満足、全力でトレーニングをできる身体になったからこそ技術鍛練に進めるのです。

 逆さまだから、もしくは段階を省くから言い訳が出るのです。ケガ人だからきついメニューは..とか何とか言って、トレーニングも怠けるし技術練習もハードにはしないし。そうやってすべてにおいて全力で取り組まない選手が増えていくんですね。

 技術練習はするくせにトレーニングはできませんじゃなくて、トレーニングがまだまだなので練習にはまだ入れませんと、見方を変えてもらいたいと思います。

 コーチはしっかりとそれを見て下さい。とくにうだつが上がらないと感じているなら、目を凝らしてみると良いでしょう。