梅原淳の心*體みなぎるエッセイ/Playground Heroes

運動の専門家が子どもたちの成長をスポーツ*子育て*教育など、あらゆる視点から応援します

育成と勝利至上主義という論争

 子供のスポーツにおいて、育成か勝ち負けか、そんな議論があります。勝ち負けにこだわることを「勝利至上主義」と言ったりする場合もあります。難しい問題ですが、いや難しい問題だと思っている人がたくさんいると言った方が正確ですが、本当はまったくもってシンプルだと私は思っています。色々なことをごちゃ混ぜにして、目の前のものを複雑にしてしまっているのは私たち自身じゃないでしょうか。もっと事実をありのままに捉えて良いと思うのです。

 この論争の焦点のひとつに、先ほどの「勝利至上主義」という言葉があります。勝負に強い意欲を見せると「プロじゃないんだから」「子供の未来を考えて」と大半が批判的に言います。でも実際は、皆我が子の活躍や勝利を期待している。そりゃ負けるよりは勝った方がいいに決まってる、と。

 世間における“立派な意見”を言う裏で、本心は上の順位が欲しいという素直な気持ちがあるわけです。本音を言えば勝ちたい、活躍してもらいたい、でもそうすると「勝利至上主義」と言われる、だからあまり口にしない。そういう人ってどれくらいいるでしょう? 私はたくさんいると思いますよ。本音と建前があるんではないでしょうか。まずこれは勝敗を意識することが悪いことなのか、という問題提起です。

 それから「育成」についてです。文字通り「育てる」と「成る」です。何に成るのでしょう? 適当に文字を当てはめて、「大人になる」「立派になる」など見あたります。なるというのは成就するというような意味合いを含んでいませんか。これを自分がしているスポーツで考えてみましょう。何に成りたくて頑張っているのでしょうか。

 「成功」の字を想像した人がいらっしゃったならば、率直にどんな成功ですか? 何が出来たら成功ですか? それはやはり上手になったりゲームで勝てたりすることじゃないでしょうか。ただ趣味でスキルの上達を目指している人もなかにはいるでしょうけれど、全般としては勝負ありきでスポーツをしていて、勝つことを目標にして育成しているのだと解釈して間違いないはずです。でなければ何のために上手くなろうとしているのかが無くなってしまいます。

 スポーツというものは勝敗を決めるゲームです。点数や順番を競うというのが主目的なのですから、勝ち負けに意識が向くことはその人の感性ではなくて、スポーツそのものの大原則です。ですから勝ちにこだわることを、社会的に悪と見られるからと遠慮して放棄する必要などまったくありません。なんとなく世の風潮が、大まかにくくって「勝ちにこだわること」に対して、すごく冷徹で子供の未来を蔑ろにしている、と偏見の目があるだけだと思うのです。

 勝ちにこだわる選手やコーチ、チームがあるとして、だからイコール育成をしていないということではありませんね。上達するからこそ勝てなかった試合に勝てるようになるし、みんな勝つために成長したいと考えているのですから。

 勝負に徹することがはばかられる中で、強いからそういうチームだと結びつけられてしまうことがあります。いつも優勝する、良い選手がいる、だからそこは勝利至上主義のチームだ、育成がない、となることには懸念を持ちます。先ほども言ったように強くても育成に力を入れているチームもあれば、弱くたって勝ち負けに囚われて育成のないチームもあるのです。

 勝負に強い弱いは育成の有無とはなんら関係ありません。勝つために練習することが将来性のない指導とイコールではないということを整理しておく必要があります。

 問題の本質は、勝つことだけが良しであり、そのためのチームづくりでしかないことにあります。学校という場でありながら人間教育をせず、ワガママで性格の身勝手な社会性のない選手が育ってしまう。でもお構いなしで勝つことのみ。入学金・学費免除、ときにはプロチームと結託して多額の金を積み、そんな金の力で選手や親を釣る。何をしても勝てば良し。県外の有望選手をトップ選手から中間層まで根こそぎ集め、使える順からレギュラーを決めて、あとは応援席で飼い殺し。勝つために身長の高い外国人だって連れてくる。

 負けることは許されず、勝つことだけが契約と言わんばかりの環境が、日本に少なくありません。

 勝ちたいかと言えば間違いなく誰もが勝ちたいでしょう。勝ちたくないと言う人はいません。しかし勝敗に可・不可をつけてそれだけが価値基準になってしまっていることを見直しませんか、という提言がこの論争の本意だと思うのです。

 コーチがしっかり教えてくれて、力を伸ばす努めをしてくれることを皆望んでいるというのが、この冒頭に挙げた問題の本質だろうと思います。育成と勝負を対極において二分していることがまず間違いであるし、どちらを優先という主旨の議論になっていること、そういうイメージが広がっていることは、完全にミスリードです。

 昨今は、じつは親もその調子で本番のゲームにばかり興味がいっていたりするようです。要望もあり、それに合わせたチームもおそらくあるでしょう。練習よりゲーム中心。中身の詰まった練習や鍛錬はなく、試合のための用件にばかり配慮しているチームはたしかにあるようです。小学生クラスのスポーツ少年団のあたりにも、そういうチームやコーチはあると思います。

 あなたがもし毎日懸命に自分を伸ばそうと頑張っているのならば、堂々と「勝ちたい」「勝つためにやっている」と口に出せばよいと思います。何も遠慮することはなく、何ら恥じることはありません。自分自身がどの世界の中にいて、どんな場所に立っているのか、各々わかっているはずです。勝つことだけに囚われている人も、日々真っ直ぐ精進している人も。胸を張って「自分はこのためにやっている」と言えばよくて、何かを隠すために都合良く建前の育成を語ったりするから、このようなぼやけ捻れた論争が起こるのだろうと考えます。

 ここに何も複雑な問題はありません。あえて難しく考える必要もありません。目の前にある事実をぐっと見つめて、自分の頭で真っ直ぐに考えてみれば見えてくるはずです。ど真ん中から見れば、常に物事はシンプルになるはずです。