梅原淳の心*體みなぎるエッセイ/Playground Heroes

運動の専門家が子どもたちの成長をスポーツ*子育て*教育など、あらゆる視点から応援します

足をつかう

最近多くの方と「足」の話をします。つい先日も、ある学校でバスケットボールのシューズについて色々と意見を交わしました。どんなシューズが理想なのか?

一昔前とは違い、今は機能性の高いシューズが一般的に広く普及しています。「プロ選手だけが使っている特注」という特別な仕様ではなく、現在は子供用のモノでも当たり前に高性能です。現代のシューズでいう「機能性が高い」というのはつまり、人間の運動を助けてくれるもの・役立ってくれるものという事になるんですが、これが私たちの運動能力を衰えさせている、という話をあちこちでします。

靴底が厚くなり、クッション性が増し、ホールドが強くなり、グリップが効いて全く滑らない。そんな靴のおかげで足の力が弱くても高いパフォーマンスを発揮できてしまいます。だから足で床をしっかりと掴む、自分の力で地面を踏みしめて捉える、そういうことが出来なくなっているんではないかと。

最近、ボディバランスを著しく欠いている選手が明らかに多いのですが、「足」の力、もっというと足の指、さらにいうと親指を使う力の衰退が、こういう体感覚の崩れに出てしまっているように思えます。

皆さんは足の親指をぐっと握り、床をしっかりと掴むことができますか? 試してみて下さい。体を踏ん張るとき、体勢を取ろうとするときに、自然とこの親指の握りが起こるでしょうか。カカトに重心が偏っていたり、外側 (小指側) に強く乗って、土踏まずや親指が浮いていたりしていませんか。親指の先や拇指球の皮がむけたこと、ありますか? 現代の子はあるでしょうか? 足の指で地面をつかみ、そこから色々なカラダの感覚を得るという知覚ルートが、高性能バッシュのせいで途切れてしまってるかもしれないということなんです。

おそらくシューズの機能性が上がるに従って、私たちの足の能力は低下していきます。そしてもっと根本的な「全身の身体能力」が下がっていきます。だから私は今のバスケットボールシューズはあまり勧めたくないんですね。あのロボットの足のようなかっこいいバスケットボールシューズ。そんな風に見えませんか。選手が靴を買い換えたと言って、体育館にオシャレでごつい機械のような現代的シューズを履いてくるのを見るたび、ガクッとなってしまいます。小中学生がそんなのを履いていると、もっとガクッとなります。私が高校生くらいのときも、すでに少しその流行りが来ていたと思います。まだ今ほど性能は高くないでしょうけど、バッシュブーム・スニーカーブームが来ましたから。

少しシューズを見直した方がいいように思います。私の考えとしては、できるだけ素足に近い、あまりソールが厚くないもの。ローカットで柔らかいものが良いと思います。そうなんです、そうなるとやはり昔みんなが履いていた、アシックスの「ジャパン」とか「ポイントゲッター」みないなものになってくるんですね。今のオモチャみたいなシューズでは体の大切な感覚が育たない、それは大きな弊害だと言いたいんです。

先日のディスカッションでも、「裸足で練習させようか」とか「足袋履かせようか」など色々な意見が出ました。とくに最近の子供たちを見ていて、何かおかしいんだよな....と感じている人は少なくないようです。もしかしたらその原因は「足で地面をつかむの力」の低下なのかもしれません。