梅原淳の心*體みなぎるエッセイ/Playground Heroes

運動の専門家が子どもたちの成長をスポーツ*子育て*教育など、あらゆる視点から応援します

負け方に見えるもの

同じ負けでも、良い負けと悪い負けがありますね。点数上では負けても、練習してきたことがうまく出来たり、それをやろうとし続けられたり、新しい何かを発見できた、課題を持てた。そうであればその負けの収穫は大きい。反対にたとえ点数上では勝ったとしても、ミスばっかり、気持ちもだらだら、勝手放題のプレイで...なんていうならば、何の成長にも繋がりません。たまたま対戦相手が手を緩めてくれた、ミスを連発して自滅したという事もあるわけですから。

だから成長途中において、勝ち負けだけで物事を判断する必要はないし、それは注意したほうがいい。負けだとすべて悪いわけじゃなく、成長したりそれが確認できたという場合もあります。それをキャッチできないとたぶん失敗してしまうでしょう。

反対にやはり悪い負けもある。もし実力的に本当に勝てない相手なのだとしても、負けて「しょうがない」とは言えない負け方をしてしまう事だってあります。それをキャッチできないのもまた、まずい。その判断を選手はできないといけないし、コーチは勿論そうです。なにも積み上げていないのにイレギュラーにおこなった試合などで勝って、勝利の美酒に酔っている選手・コーチ・チームは成長できませんね。まさしく「結果論」だからです。

同様に負けにも成長の負けと腐った負けが存在する。勝つことを目指していない負け、「負けても仕方がない」と言い訳し試合を投げた負け。闘おうとしていなかったり緩慢怠慢だったり、見ていてがっかりする負けがあります。悪いプレイや心を改善しようとしない事は、勝とうが負けようが、自分やチームを間違いなく腐らせます。それを繰り返すだけどんどん悪くなっていきます。自分の成長は結果で解るんではありません、そこに向けた姿勢や行動で解るんです。ではその良いプレイ悪いプレイとかっていうのは、どこから生まれるんでしょう。勝手に出来上がったものじゃありませんよね、もちろん作られているんです。

やっぱり「練習」じゃないんでしょうか。

練習で努力してきた事の勝負なのでは?

毎日の練習で、目的を持たず課題を持たず積み重ねてきていない人は、いくら試合をしても得るものは何も無いんじゃないかと思います。点数で勝った負けたを出しても、まったく無意味です。「何かをしてきたことの結果」という道筋がないのですから。積み上げてきたことの集大成に「勝負」があるのだと私は思います。勝負だけしているのはただのギャンブルです。あなたは、あなたのチームはどうでしょうか?