梅原淳の心*體みなぎるエッセイ/Playground Heroes

運動の専門家が子どもたちの成長をスポーツ*子育て*教育など、あらゆる視点から応援します

週3回でちょうどよくて全身の筋肥大もできるセット数を模索しています

 二日前の筋疲労がまだ取れていません。

 30秒から20秒インターバルに変更して、代わりにセット数を2から3へ増やしました。

 今回の種目数は12にしたので、全体で18分だったのが24分となります。

 そのルーティンでおこなったワークアウトでは、水曜日の疲労がまだ今日も続いていました。

 

 ダメージが残っていたら負荷を掛けないつまりトレーニングをしないことにしているので、今日はダメージのない上腕部それから背中を少しだけ行いました。

 どのくらいのダメージを境にするのかは、自分の感覚で決めています。

 今日は起床したときに疲労感がシンプルにあったため、レギュラーの内容はしませんでした。

 おそらく明日以降に次のトレーニングを行うのが良いと思われますが、できる日が決まっているのでそこに負荷量を合わせることになります。

 

 本当はシンプルに大きく負荷を掛けて、そのぶん回復期も長くなりますが4〜5日間隔で上下半身の分割トレーニングを行えば済む話ですが、1日おきの週3回、30分以内と決めていて、それを基準に内容を構成しています。

 プロテインも飲みませんから、ある程度の疲労が残るコンディションでワークアウトを繰り返せば、いずれ壊れると思います。

 栄養面で回復を強化しなければ、我慢して続けて「そのうち適応していく」ことは期待できません。

 肉や卵などをいくら食べたところでそれが体内吸収される量はたかが知れていますし、たんぱくと脂の食べ過ぎは消化が追いつかず腸内に溜まってこれまた不調を招くことになるでしょう。

 肉をたくさん食べれば良い話ではありません。

 

 ようするにプロテインなどサプリメントを摂らないかぎり、ダメージの上にダメージを重ねてそれでも上向いていくことは難しいという話になります。

 細胞の年齢による回復スピードの違いは当然ありますから、10代ではプラスでも僕の歳と体力レベルではミスマッチでしょう。

 でも絶対にプロテインは摂りません。

 そう決めましたから、いまはそれを貫きます。

 もちろんBCAAなど他のサプリメントも同じです。

 

 てことで、2セットにするか朝も肉を食べるか、ちょっと考えます。

 いまは朝食に息子と一緒の小さなおにぎりを一個、食べています。