梅原淳の心*體みなぎるエッセイ/Playground Heroes

運動の専門家が子どもたちの成長をスポーツ*子育て*教育など、あらゆる視点から応援します

名前を付けるのは大大大で不得意です

 無事娘の名前も決まり、役所に出生届など必要な手続きを行いました。

 女の子の命名は、正直に言ってなかなか浮かんできませんでした。

 かといって息子のときも似たようなものだったと思いますけど、やはり異性であるので本人の立場になりきることができませんから、その点でグッと入り込んだ感覚を持てず、あくまで外からの感性として漢字や響きを探らざるを得ませんでした。

 

 親になってはじめて実感したことは、名付けは悩むってことです。

 名前は自分を表現するものであり証明するものですから良い名前にしてあげたいし、かといって過度な期待を背負わせたくはない。

 僕はあまり「出来の良さ」をダイレクトに表す字を使いたくはなくて、親の欲と期待を子に押し付けることは避けようとささやかに決めています。

 個性とかオリジナルを求め、加えてそこに「優秀になる」「成功する」よう願った字も当てようとする傾向を、周囲に感じつつ。。。

 それを考えていると頭が疲れてきて、また心もくたびれてくるんですね。

 欲張っている自分に呆れてしまうんです。

 そういうのが好きな人に意見するつもりは毛頭ありませんけれども、わが家では生まれた瞬間、赤子のときから自立した尊厳ある人間と理解して、あくまで親は本人に代わって命名する心構えでいます。

 天からその任を仰せつかったのだと、それくらいの潔さで私欲は捨てて名を付けました。

 

 表面的には、カッコよさも流行も珍しさも派手さも、一切ありません。

 でもそれこそが、本人を真っ直ぐに言い表したいちばんシンプルでストレートで、最高に個性輝く名前だと僕は確信しています。

 

 ひとまずは肩の荷がひとつ下りました。苦笑