梅原淳の心*體みなぎるエッセイ/Playground Heroes

運動の専門家が子どもたちの成長をスポーツ*子育て*教育など、あらゆる視点から応援します

記事一覧

必要なことは言う、提案する、行動することで、自分の人生も良くなっていきます

自分のことを話すのは本来得意ではないし好きでもありませんが、これからの日本の歩み方、人の生き方を真剣になんとかしていこうと考えるならば、私心の小さな好き嫌いなど言っていられません。 あらゆることを題材や事例として、たとえ一つのサンプルに過ぎ…

月曜日からYouTubeを配信します。編集の終わったものから、順番に週2本くらいずつ公開するつもりです。

YouTube動画を再開して、頭も身体も凝り固まってしまいました。 いやすでにそうであったら進み具合が遅いのかもしれません。 撮影はひとまず無事終わりましたが、そこから先のPCでの編集作業、タイトルおよび説明文の作成、サムネイル制作と昨年も経験してい…

挑戦する人にしかその課題は来ないしあっても見えません。トラブルではなく進むがゆえのタスクです。

日々何も起こらず平坦な時間を過ごしている人なんて、一体どれくらいいるでしょうか。 ある仕事仲間は僕の身の回りで起こる様々な事象について、トラブルと言います。 「よくそんなにたくさん起こるな、ある意味スゴいよ」 みたいなことを含みをもって言ってい…

日本の家庭では「自由」をつくることにとことん苦戦します。でもだからこそ親は考えねばなりません。

うちの子育ての基本は「自由」です。 何度か自由という言葉をこのblogで書いていますが、意欲を引き出し突き抜ける成長と自立を育むためにそうすることが一番だと思っています。 だから自由を大切にしています。 ただしこれは、身勝手にさせるという意味では…

子育ては自分育てだと思ったのが、子に「天才」と言うひとつの理由です。

僕は子どもに「天才」といつも言います。 実際に天才だからです。この世に生まれた子どもはみんな天才です。 と言うことは、本当は大人も天才です。 若者から中年から年寄りまで、みんながみんな天才として生まれ、その可能性を伸ばして今があるはずです。 …

身長の高い人は手足の長い分で運動を行うことが不利になる、というのは間違っています

日本のどこへレッスンにうかがっても、身体の融通が利かないビッグマンがいて、すばしこい普通の身長の選手がいます。 ビッグマンと言っても180cm前後です(女性なら170cm)。 日本の普通のチームでは、それがビッグマンとなります。 180cmならトップチーム…

子どものために良いことしている自分!やる気に火をつけている自分!その高揚感と努力はあなただけを満たしています

練習のし過ぎ、追い込み、キツい口調、それらはスパルタなんて言われています。 過剰指導として昨今はとくに否定的な論調が多くなってきましたが、その反対側の過剰指導に目を向ける人はほとんどいないようです。 僕はいつでも同じスタンスです。言うことは…

ようやっとYouTubeを再開しました。機材などもちょっと足して、余計にもたついています・・・・

今日午前に、おそらく約6ヶ月ぶりとなるYouTube動画を撮りました。 昨年、これを活用して情報配信を行おうとチャレンジすることを決めて、たしか4月くらいから投稿を始めました。 途中で撮影の時間が取れなくなりましたが、ちゃんと優先順位を定めた上でひと…

学校で社会を経験する

学校とは、子供が家族を離れてたった一人で外の世界に身を投じる環境である。 社会に船出をするための実習・実践を積むのが、学校でありクラブであり。すべて自分の言葉で、自分の行動と責任で自らを成長させていく鍛錬の場が、学校というところだと思う。 だ…

どこまでもフェアであるために、ちびを心から応援します

背の高い選手は、低い選手と比較するとあきらかに大切にされています。 スポーツにおいて身長は優位となるからです。 ことさらバスケットボールにおいてはダイレクトにパフォーマンス(プレイの結果)へと繋がるので、それはつまり試合の勝敗にも直結するこ…

夜ご飯もお父さんの出番が増えそうです

子育ては母親の力が絶対です。 父親ではありません、父の存在は無くてもよろしい。 父親は居なくても良いですが、母親は絶対に居なくてはいけない存在です。 二歳の我が子にとって、いま母親とのスキンシップは心の成長にとてつもなく重要です。 心が満たさ…

進化というのはアジャストです。変われる人と変われない人の違い、昔も今もすべからく。

先日、床屋のセカンドマスターと面白い話をしました。 この家族経営の床屋さんは僕が20代の頃から通っている理髪店で、じつは東京にあります。 今でも気分転換に敢えて車を走らせて、月に一度お店に顔を出しています。 セカンドマスターと書いたのは、一応そ…

体格が大きいことは何にも代え難い宝物です。それをチャンスとするか甘んじるか、頼れば技量は磨かれません。

それは背が高い分で勝っているだけだよ、てことがよくあります。 技術能力は自ら訓練し習得したものですが、体格は授かったものです。多くが遺伝的要素であることがわかっています。 恵まれた体格は、それだけですでに価値の高い財産です。 大事なことは、磨…

得をしようと欲することは人生を縮こまらせ、生き方を窮屈にします

なにごとも得をしようと思ったらダメです。 物事にはつねにイーブン、見合った分量しか手に入りません。 自分が5の力でやったら5を得られ、相手に10を与えるならば10が戻ってくる。 そう心得て、生活のなにごとにおいても本来以上を欲しないことが賢明です。…

なぜフェアな意見交換が日本では起こりづらく、文句の言い合いや否定し合い、陰湿なイジメが起こるのかを説明します

日本人は新しくものを創ることが苦手です。 それは決めることが下手だからです。 新しく決めることが苦手なので、当然そこから創られるものはありません。 「これまでどおり」「慣習にならって」「いつものように」、変えないことが一番楽であり安心だと考えます。…

本当に本当の選手ファーストとはなにかを考えたとき、自由という言葉が浮かびました

教育を考えるときにひとつ大事にしないといけないことは、子ども自身に対して「あなたはどう考えているのか?」というスペースではないでしょうか。 教育と言えど、その内容のほとんどは子ども本人の問題です。 大人の考えではなく本人はどうなんだというこ…

生徒のみんなに、必要なことはすべてゼロから自分で行うということを考えてほしいんです

生徒のみんなに提案したいことがあります。 いや本当は誰にだって当てはまることなんですが、ひとまずここは若い世代に向けてということにします。 もしもなにかしたいことがあるなら、自分から動きませんか? 自分の望みを誰かにお願いするんじゃなくて、自…

どこまでも自由であること、それを子育ての礎としています

子育てとはなんでしょうか。どこまでいつまでが、果たして子育てか。 手が離れるまで?いや親である以上は一生でしょうか? それとも思春期くらいまでのことを言うのかも。 子育てとは親の成長でもあります。親とはもちろん育てている者、つまり昨今の言葉で…

日曜の朝5:43にこのブログを書いている超個人的な喜びを、カタカタという音と共に感じています。ブログデザイン完成〜☆

ブログのオリジナルデザインが、ようやくにして完成しました。 望んだ通りとはいきませんでしたが、できないカスタマイズは一通り努力した上で諦めて、およそすべてチャレンジしたのでけじめをつけます。 よってこれで完成です。 Webデザイナーに注文する方…

自粛とは家に籠もることじゃない、禁止することでもない

このままでは休業や休校、部活動などスポーツ活動禁止が何度も繰り返されることになります。 僕たち一人一人の自覚がなければ。 2月から予防ワクチン接種が始まるから良い、のではありません。 もちろんそれは大きな局面の変化をもたらすでしょうけれど、だ…

いま禁止が必要なのではなく適切な活動こそ重要です

コロナの第一波から第二波にかけての2020年7月頃、東京都はまだ感染者数が減少に転じないために、都立私立とも多くの学校において分散登校による授業、さらに部活動の禁止が続いていました。 ある高校バスケットボール部の先生に話を聞くと、ようやく体育館…

タガが外れた行為をやめさせるためには、あなたの助言が必要です

スポーツ現場での感染拡大を抑える方法は、僕たちの謙虚な心掛けしだいです。 スポーツに携わる人間が各自で対策をしっかりと取って、行動範囲、活動範囲もいまはまだ時期尚早だと認識して節度ある限定的な遠征等だけにしましょう。 滅多なことでなければ、…

ただ禁止だけをうたうから、陰で要請を反古にする行為がはじまるんです

コロナいや武漢から発生したウィルスによる疫病によって、また僕らの生活が萎縮してしまうことになります。 これはまさか、自分自身の仕事が飛んでしまうから言っているのではありません。 当然、せっかく回復してきた学校活動、部活動、スポーツ活動が、一…

健康でいることは朝に一番影響し、朝が良くなることは人生に影響します

体を健やかにしておくことは重要です。 それは朝をスッキリと起きられるからです。 健康状態が悪いと、寝ている体を起こすことに苦労します。 朝に弱い人、いますよね。 それは寝るのが夜遅くて、寝不足だからですか? 起床が重たい人は、睡眠時間が長くても…

なにを言っても変わらないと思っているのはあなただけではありません。でもそれは間違いです。あなたが動いていないだけ。

自分なりに、昨年から心掛けて努めていることがあります。 それは、自分の人生に関わることを「誰かに任せない」と言うことです。 身近なことで言えば我が家庭やご近所の町内会、もっとも広く言えば国づくりに至るまで、すべては自分の手で創っているもので…

1月2日から仕事に出掛けてみて、正直に元旦よりも心と體がイキイキとしました

新年、明けましておめでとうございます。 みなさんはきっと、このコロナ渦も重なって、いつもより自宅でのゆったりした正月を過ごしていることでしょう。 僕は今日1月2日から、埼玉の高校バスケットボール部で練習を行いました。 あくまで個人的な感覚ですが…

クリスマスに思う息子の教育と子育て

みなさんメリークリスマス! きっと日本人の多くは、一日前の24日クリスマス・イブが本当のクリスマスなのでしょう。 SNSを見ても、そのような投稿が実際はほとんどです。 日本人にとっては、クリスマスもハロウィーンもバレンタインも、ぜんぶイベントとして…

どんなに仕事が多くて作業に追われていても、自分を燃えさせる人であってほしい

いま職場などで、「毎日残業でつらい」とストレスを溜めている人に伝えたいことがあります。 また、「自分ばかり仕事を増やされる」と、周囲の人に比べて自分の仕事量があまりに多いことに腹を立てている人にも聞いてもらいたいことです。 仕事というのはで…

あなたはこの子どもの問いにどうやって答えますか?

教育とは本来、大人が子どもにするものではなくて、自分で律することや勉強して自己を育てていくことだと、僕はいつも言っています。 それはつまり、子どもだけが対象なのではなく、大人だっていくつになっても教育は必要だと言うことです。 伸びる人は常に…

フッターとSNSボタンをつくりました。ノロノロ?いや着々と手を加えています。

フッターというブログの一番下を作り替えました。 ごく簡易にしかできませんでしたが、はてなのデフォルトのデザインを消して自分でカスタマイズしました(有料のはてなProはヘッダとフッタを非表示にできます)。 かなり時間が掛かりました。 今回、シェア…