梅原淳の心*體みなぎるエッセイ/Playground Heroes

運動の専門家が子どもたちの成長をスポーツ*子育て*教育など、あらゆる視点から応援します

記事一覧

才能は不努力によってつぶされる

才能はあなた自身がそれをつぶします。 タイトルのとおりです。 人にはみんな個別の良き能力が秘められていますが、それはませた年頃になると人を怠けさせはじめます。 周囲の子よりちょっと上手にできる、みんな苦戦しているのにわりと簡単にできる、仲間内…

教えることよりも大事な手本模範をつくるのは紛れもなく自己教育です

我が子の二人目が生後五ヶ月になり、ダスキンから借りていたベビーベッドを昨日、返却しました。 コンパクトサイズではあっても部屋を圧迫していたので、心地よい広さを感じます。 やっぱり空間って大事なんだなと、つくづく実感しました。 バスケットボール…

これからの体力トレーニングはゲームスキルとまっすぐ繋がる材料であることが条件となります

世の中が武漢熱に翻弄されてスポーツ活動も禁止中止となっている現在にあって、今日は和歌山へ向かいました。 これから冬の全国大会、ウィンターカップの出場を決める県大会を眼前に見据え、新鋭の助っ人外国人を擁するチームに雪辱を果たすべく、夏からディ…

この日々においていま、スポーツ少年のみんなができること(親御さんも含めて)

大会はかろうじて開催されても、普段のスポーツ活動は縮小されて部活時間や日数は短縮となり、また大会二週間前だけしか練習をしてはいけないという奇妙な規制を敷かれて、高校も中学も部活動をほぼ禁止されています。 小学生はスポ少になると思いますが、こ…

科学はひとつの材料であり可能性であって、結果を先に教えてくれるものではないんです。そこを見誤っている人がたくさんいます

僕が食事の取り方を考え、体に変化が起こり始めたひとつの要因に「朝ご飯をやめた」ということがありました。 あるときから食というものを根っこからガラリとひっくり返して、これまでとまったく違う食べ方を心掛けていまの変化があります。 三十代のころは…

トレーニングのボリュームを少し変えてみました

今日はトレーニング負荷を少し変えて、すべて3セットから2セットに減らし12種目を行いました。 最後の4種目はスクワット系と腹筋系を合わせて4セット(すべて1セットずつ)にしたので、トータルで20セットつまりトレーニング時間は20分となりました。 8種目…

がんばれスポーツ少年少女!!クラブが休止しても個人レッスンで上達できます

パーソナルは個人なので、チーム練習が休止したり制限を受けても続けられます。 むしろそのようなときこそ光るスポーツ活動の手段だと思います。 部活動は学校で規制されるし、クラブチームも体育館など施設を閉鎖されれば活動できません。 いま練習はなんと…

体力の伸びない人は練習量が増えても練習方法を変えても伸びない

体力が伸びない人はどうして伸びないのか。 練習量が足らないからでしょうか? 違います。 伸びない人は、5本走るところを10本に増やしても変わりません。1時間の練習が2時間になっても、やはりなにも変わりません。 伸びない理由は、全力でやっていないから…

いったいどうすれば気分良くトレーニング量を下げられるか

やっぱり筋疲労をはじめとした全身の疲労感が、中一日では消えません。 いまはトレーニング時間を短くすることもありますが、本当は一日おきに週4日のトレーニングを行うことになっていますから、いまの僕の体力だともう少し種目数を減らす必要があるのかも…

エビデンスも経験則もあなたの足で進むからこそ手助けとなります

未知なるものを探るときというのは、冷静に疑いつつ「もしや」と可能性を見出したならば思いきって試してみる振り幅が必要です。 いくら遠回りと言ったって、当てずっぽうにやってはどれだけ数を打ったところで当たりはこないし、おっかなびっくりに縮こまり…

有意義な内容はここでもお知らせするべきだと考えました

現在、外から委託されて書いているレポートがあって、そのバックナンバーを自分のSNSにて順次公開しています。 今日の午後にその投稿文を作成していたところ、ぜひ読んでもらいたいと言うかみんなが知るべきだと考える内容がありましたので、リンクを貼って…

30分以内でも充分な肉体をつくる方法を見つけるために、あえて妥協しました

今日の朝トレは、途中から1セット妥協してしまいました。 本当は妥協より疲労度の加減を考えてのことなんですが、これは一般的には妥協と言われます。 スポーツの世界ではあるあるですね。 どうやら、新しく試しはじめたトレーニング法が理解できていなくて…

通信手段があれば24時間のどこでもなんどきでもパーソナルが行えます。

部活動の制限が続いて、県を跨いだ交流というものが禁止されています。 僕もすべての県を知っているわけではありませんが、知る限りでは県外との交流にあたる行為を禁止している自治体は多いようです。 私立の小中高は独自判断だそうですが、少なからず公立…

大学生バスケ女子からトレーニングの動画が送られてきました

パーソナルをしている選手から、ウエイト・トレーニングの様子が動画で送られてきました。 チームのトレーナーさんから出されたメニューを、文字の解説を添えてLINEで添付してくれました。 おそらく一緒におこなっている友達に撮ってもらったんだと思います。…

練習環境は自分でつくることを、すでに始めている人もいます

いま大学生のバスケ女子と、パーソナル・レッスンをおこなっています。 コロナ禍が延々と続き、それでも僕らはいつか以前の生活が戻ることを信じて新たな禁止・中止にもじっと耐えているわけですが、これからのスポーツのかたちとして「所属」ではなく、選手…

場合によっては夏野菜を摂らないほうが良いかもしれません

よく食事の知識として、夏は水分を多く含んだ夏野菜を食べましょうなんて聞きますよね。 冬には冬の野菜、夏には夏に食すべき野菜があるから、旬の頃に食べると良いと言われます。 基本的にそれは正しいことです。 僕も基礎知識としてはそのように説明してい…

冷え切った室内で暮らし、冷たい飲料を飲み過ぎることが倒れる危険性を上げています

夏です、暑いです、昨今の気候は世界的に気温が上昇して、ここ日本でも猛暑が続いています。 猛暑(日)とは気温35度以上を言います。 その付近のときにはスポーツ活動はするな、危険だと呼び掛けられています。 あまりに暑い最中に作業をすることは人体への…

一年生マネージャーが三人も加入したのでワクワクしています

コロナ感染対策と称して、部活動では県外との交流が禁止されてしまい、私のような外部コーチ枠の人間も出入りができなくなったため、インターハイ予選がラストゲームとなる多くのチームの三年生と顔を合わせることができないまま、新チームとなりました。 重…

伸びるポイントは些細なところにあったりする

僕がこの仕事をしてすでに23年になります。 長く続けているなんて思ったことも、それを実感することもまったくありませんが、数えるとそんな年数になります。 運動能力は競技成績を決定づけるものではありませんが、結果を出す上でまず無くてはならない根っ…

僕のクリニックではなく、みんなのクリニックです。

2021年7月17日の土曜日に、僕は東京都の中学校を訪ねました。 ここは未だ続くコロナクライシスにあって、部活動制限が強く掛けられていない地域です。 東京では市区町村レベルの小さな自治体が独自の判断基準により、様々な学校活動の制限をおこなっています…

はじめて自分から「塩をください」と言ってきた今どき女子たちに大感動!

ここ数日は晴れて気温が上がり、高温多湿となりました。 体育館競技の選手らには、もっとも過酷な時期です。 かといって、負荷を掛けずに練習するわけにはいきません。 大会も近いですし、選手らもそれに向けて気持ちが入って頑張っています。 僕は通年、練…

人手の少ない家族では、なおのこと免疫力の高さが絶対に不可欠です

息子がRSウィルスなるもので高熱を出したため、ここ数日は家事に徹していました。 保育園の息子のクラスでウィルス性の風邪が流行って多くの子が休んでいたそうで、先週金曜日の夕方に熱が上がってそこから二日間、己のすべての作業を中止して家事に尽くしま…

正しく生活しようと思う事が子の時間を奪い意欲を失わせると学びました。

これは僕の個人blogです。 あくまで個人blogですが、だからといってごく私的な日記を書くために開設したのではなくて、もちろん日常に起きたイベントも材料として扱いつつ、生きる上で考えるべき大事な問題について、世間に投げ掛けるつもりで記しています。…

平均点を目指す子どもたち

いまの子たちは本当に才能があって羨ましいかぎりです。 もうあやかりたいくらい、普通の自分には妬ましくもあります。 だけどそれを広げないで眠らせている、チャレンジしません。 みんな平均点。 そんな考え方に誰がしたのでしょうか。 表面に出ている普段…

え〜っとたしか今日で、、、45歳いや46?昭和51年・1976年生まれは45でしょうか?

おもいきり個人的な話ですが、今日で45歳を迎えました。 もはやこの歳にもなれば年齢や誕生日など気にすることもないのですが、そう言ってしまうと生んでくれた両親に礼を欠いてしまうので、無事に一年歳を重ねられたことを大切に受け止めたいと思います。 …

得意を伸ばすのは成長の本質とは言えません。そこを見ている人は大概がおごって伸びないのが現実です。

おごる、自惚れる、過信する、人が失敗するときの大抵の元凶です。 どんな人も、自分の意思の弱いところと勝負し、そこを鍛え上げて逞しくなります。 強さはただ一つ、そこから作られます。 なかには得意を伸ばすと言う人もいて、もちろんプラスが増えること…

食の論争はほとんど不毛で内容も眉唾なことが大概です

食の議論をすれば、ホントかウソかあれが良い悪いと無限にいろんな話が出てきます。 僕は興味があって深めたいと個人的に思ったので自ら実践してきましたが、それでなにを得ているかというと、自分なりの食生活をどうするかのプランが出来上がるというだけで…

食育なるものを現実的に考えてみる

食育ってどなたが名付けたのか、一般に馴染みやすい言葉ですよね。 僕はこういうキャッチ・フレーズ的なものは一人歩きするので反対する部分も多いですが、まず広く国民の生活に普及されるという面では良い方法だと思っています。 ようは現代のなんでも自由で…

父にとって息子も娘も変わらずフェアに付き合いたいと思っています

長女が生まれて、来週で生後2ヶ月です。 うちは男と女が一人ずつ、一人目が男子、今年の4月に誕生したのが女子です。 ある人には「うまいことやったな」と言われ、またある人には男女一人ずつ生まれたので「(男女どちらもいて)良いですね」と言われました…

感覚の違う人と話し合っても先は生まれない

話し合いというものは大抵がうまくいきません。 人間それぞれ価値観が違うからです。 自分の側からすると、「どうしてあんなこと言えちゃうの?平気でできちゃうの?」て思うことがあると思います。 お互いにそう思っています。 たぶん正解とするところはあ…